【透明度抜群の海!】三浦半島の浜諸磯でキャンプ!駐車場やアクセス方法ご紹介

スポンサーリンク
浜諸磯

今回ご紹介する無料でキャンプ(野営)できる海岸は三浦半島にある「浜諸磯」です。

フラミン子
フラミン子

正直ここは紹介したくなかった、、

と言うのも、ここの海岸は色々な生物がいて、水が綺麗でシュノーケリングには最高。

そして浜がそんなに広くないので、プライベート感のある、フラミン子がとても気に入っている海岸だからです。

そんな、フラミン子お気に入りの「浜諸磯」。

知る人ぞ知る場所なので行き方もわかり辛く、駐車場の情報も少ないので、実際にどんな所なのかも含めてご紹介します

  • 浜諸磯ってどんなところ?
  • キャンプ(野営)は出来る?
  • アクセス方法や駐車場は?
  • トイレはあるの?
まりも
まりも

こんな疑問をお持ちの方、ぜひご覧下さいワン!

2022年3月23日追記
某キャンプサイトにて「浜諸磯海岸は釣りやキャンプ、バーベキューが禁止になっている」と掲載されていますが、そのような事実はありません。
浜諸磯海岸を管理している神奈川県東部漁港事務所に確認したところ、コロナの関係やマナー悪化もあるのでそこは配慮してほしいとのことですが、禁止にはしていないとのお返事を頂きました。

当然大人数で騒ぐようなBBQやキャンプは禁止です。
マナーが悪い人が多いのも事実で、地元の方は困っています。
必ずすべてのゴミは持ち帰ってください。
直火も禁止されているので、焚き火やBBQの際は必ず焚火台やグリルを使用し、使用した炭や薪はすべて持ち帰ってください。

しっかりとマナーを守り少人数で訪れて下さい。
スポンサーリンク

浜諸磯へのアクセス

浜諸磯へは都内から高速を使えば2時間ほどで到着します。

最寄りの衣笠ICから40分~50分ほどで到着。

フラミン子
フラミン子

ただし、休日や夏にはかなり道が混むため、高速を下りてからプラス1時間はかかってしまうかもしれません。

電車の場合は「京急三崎口駅」で下車しバスに30分ほど乗り「浜諸磯」で下車。

ただし、三崎口駅~浜諸磯までの直通バスは一日に5本程度しかないため注意が必要です。

こちらが時刻表(無印が浜諸磯行き)

複数人で行くならタクシーの方が良いかもしれません。

三崎口駅から空いていれば25分ほどで到着します。

浜諸磯の駐車場

現在車が置ける駐車場はで民宿「でぐち荘」の駐車場のみとなります。

以前当ブログで紹介していた無料駐車場は利用できません。
緊急車両が通れなくなったり、地元住民の方に迷惑がかかるので絶対に駐車してはいけません。

そして「諸磯青少年センター」駐車場としてご紹介していた場所も、現在は月極駐車場となっており停められませんので注意して下さい。
無断駐車も多く、地元住民の方は大変困っています。
浜諸磯を訪れる際は公共交通機関の利用をおすすめします。

浜諸磯 でぐち荘

最大15台停められます。(当然宿泊客の駐車場でもあるため繁忙期はそんなに停められないでしょう)

追記 2022年3月現在の駐車料金は以下の通りです。

浜諸磯 でぐち荘 駐車場料金

詳しくは下記とでぐち荘ホームページをご覧下さい。

ご利用時間:6時~19時まで(19時を超える場合は2日分の料金を頂きます)
受付時間A.M.6時~
駐車場料金(現金のみ)平日500円 土休日1,000円

※早朝に停められる方は、車のフロントにメモ(支払う意志等を書いて)を置いて、お帰りの際に必ずお支払いください。
※基本的にお電話による予約は一切受け付けておりません。(天候次第で来られない方が多いため)
どうしても予約されたい方は事前に料金をお支払いください。(銀行振込or直接払い)
※週末は予約がいっぱいの時もございますので、振り込む前にお電話にてご確認ください。
引用:民宿でぐち荘

浜諸磯のトイレ

浜諸磯の海岸にはトイレはありません。

海岸からは少し離れますが、公衆トイレがあります。(地図をご覧下さい)

浜諸磯 トイレ

浜諸磯 トイレ内装

和式のみですが、水栓で割と綺麗なトイレです。

浜諸磯の様子

フラミン子
フラミン子

3月中旬の平日に浜諸磯に訪れました。

浜諸磯 アクセス

でぐち荘から海方面に歩いて行き、右に曲がります。

浜諸磯 ポール

細い道があるので直進。

浜諸磯 行き方

しばらく歩いてくと、左に入れる細い道があるので左折します。

浜諸磯へ続く道

ここの細い道を通ります。

ちなみに、この道かなり細いですが、下記のキャリーワゴンはちゃんと通れました。

浜諸磯へ続く別れ道

進んでいくと分かれ道が。どちらに行っても海岸に出れますが、今回は左に行きます。

浜諸磯

浜諸磯に到着!!空気が澄んだ日には目の前に富士山も見えます。

ここから浜へ下りるには岩場を少し下ることになるので、キャリーワゴンの荷物が沢山入ってる場合は、少し降ろして手で運ぶ必要あり。

360度カメラで撮影した画像もご覧下さい↓(別日撮影)

浜諸磯 #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

浜諸磯 海水

ここの海水の透明度は素晴らしいです。

浜諸磯 キャンプ 綺麗な灯台と海

夏に泳いだ時は青い魚や黄色い魚も泳いでいました。

シュノーケリング初心者でも無理なく泳げますよ♪

浅瀬も多いため、子供と一緒でも安心です。

まりも
まりも

基本的に岩場なため、海に入るなら必ずマリンシューズを履いてワン!!

海のレジャーに危険はつきものです。
絶対安全はないので、お子様が一緒の場合は特に注意しましょう。

浜諸磯 キャンプ

そして、画像右側がテントやタープを設営可能な場所。

GWから夏にかけて、ここにはタープやテントが並びます。

とはいえ、浜が狭いため沢山設営することはできず、夏には早朝に到着しないと設営できないこともあります。

フラミン子
フラミン子

知り合いの方は30年前にここでファミリーキャンプをしたそうで、昔から地元民には有名なキャンプ(野営)地だったんですね

浜諸磯 野営

一部芝になっている場所も。

浜諸磯 野営地

基本的には斜面になってます。

浜諸磯 キャンプ地

諸磯灯台

振り向くとドドンッと諸磯灯台が建っています。

姫

真っ白い灯台が、青い海と空に映えて美しいですわね

浜諸磯 海

空気が澄んでいる日は富士山も良く見える♪

浜諸磯 飛び込み

入ってきた所を左に行くと、岩場になります。

こちら側では釣りをしている人が沢山いました。

ずっと岩場なのでテントの設営はできません。

キャンプに関して一言付け加えると、浜諸磯は夏場になると騒がしい人達が多くなります。。
大きな音で音楽を鳴らしていたり、グループで騒いでいる人たちも少なくありません。
ですので、GW~夏にかけては静かにゆっくりキャンプをしたい人にはあまりお勧めしません。

浜諸磯海岸でキャンプをする際の注意点

浜諸磯は地元の方が昔から大切にしてきた海岸です。

美しい海岸を汚すことが無いよう、必ずゴミはすべて持ち帰り、帰る際には原状復帰してださい。

浜諸磯 ゴミ

レジャーで使用したであろう緑のシートがそのまま置き去りになっていました。

このような事が続くと浜諸磯でのキャンプやBBQが禁止になってしまう日が来るかもしれません。(事実ゴミ問題でキャンプやBBQが禁止になった海岸はたくさんあります)

不法投棄は犯罪であり、廃棄物の処理及び清掃に関する法律により、「5年以下の懲役」若しくは「1000万円以下の罰金(法人の場合は3億円以下の罰金)」、又はその両方が科される行為です。

浜諸磯 ゴミ問題

フラミン子
フラミン子

更に直火跡であろう黒く焼けた石積みと炭がそのまま放置されている…

三浦半島の海岸は直火禁止です!

炭は自然に帰りません。そこに残したらず~っとそこにあります。

ゴミを持ち帰るなどのマナーと合わせて、直火はせず焚き火台を使用し、残った炭は火消し壺や袋に入れてすべて持ち帰りましょう。

炭をどうやって持ち帰るのか?など詳しくはこちらもどうぞ↓
焚き逃げは絶対にダメ!キャンプで守るべき焚き火のマナーについて解説
【キャンプ初心者必見!】焚き火の楽しみ方について詳しく解説!

まとめ:浜諸磯で無料キャンプ!

浜諸磯・まとめ
  • 駐車場は「でぐち荘」のみ。
  • トイレは海岸にはないので注意。
  • 静かにキャンプをしたいならGW~夏は避けた方が無難。
  • 海岸でキャンプ(野営)するのは自己責任で。
  • ゴミや炭はしっかり持ち帰る

去年だけでも5回は訪れている、お気に入りの海岸です。

フラミン子
フラミン子

まだ泊まりのキャンプはないですが、いつかはやってみたい!

自然豊かで生物が沢山いるこの海岸。

ゴミはしっかり持ち帰り、思いやりの気持ちを持って、気持ちの良いキャンプやレジャーを楽しんで下さい。

三浦半島の海岸は、マナーの悪い人たちによる、ゴミ問題やマナー違反の問題で「キャンプ禁止」となっているところもあります(三戸浜海岸など)
必ずゴミは持ち帰り、「来たときよりも美しく」の精神で地元民の方にも配慮したキャンプを心がけましょう。
砂浜で焚き火をしてもいいの?海岸での焚き火のルールと注意点
どこの砂浜でも焚き火ってしていいの?法律的には大丈夫なの?など海岸での焚き火についての疑問を解決します!他にも浜辺で焚き火をする上での必ず守って欲しいルールやマナー、さらには神奈川県の海岸で焚き火をするのにおすすめの場所もご紹介しています!
三浦半島でキャンプが無料で出来る海岸5選!三浦半島在住の私がおすすめします!
三浦半島には美しい海岸が沢山!その中でもキャンプ(野営)に向いている海岸を5ヶ所ご紹介しています。三浦半島在住の私が実際に何度も訪れた場所を詳しくレポート!キャンプをする上でのメリットデメリットなども細かく解説しています。
焚き逃げは絶対にダメ!キャンプで守るべき焚き火のマナーについて解説
キャンプブームの昨今、焚き火で使用した炭や薪をそのまま放置する【焚き逃げ】と呼ばれる行為が横行しています。「もともと自然にあるものなんだからいいのでは?」という方もいるかもしれません。なぜ【焚き逃げ】がダメなのか。詳しくご紹介しています。
砂浜でのペグは1本48円のプラ杭が最強!サンドペグに最適です!
サンドペグって必要??はい!絶対必要です!砂浜で普通のペグではすぐに抜けてしまいとっても危険。しかし「滅多に使わないサンドペグに大金を使いたくない」と言うあなたに、48円のプラ杭をご紹介します。
絶景のキャンプ地「黒崎の鼻」最寄り駐車場はどこ?アクセス方法もご紹介
東京都心から1時間半、日本とは思えぬ絶景が望める「黒崎の鼻」。キャンパーの聖地と呼ばれるこの場所。休日でも人が少ない超穴場絶景スポットですが、アクセスに難あり。しかし少し歩けば無料駐車場(ハイシーズン以外)もあった!行き方もご紹介します。
和田長浜海岸で無料キャンプin三浦半島【東京都内から車で1時間】
東京から1時間で行ける三浦半島の海岸で無料キャンプ!無料の駐車場やトイレも完備の和田長浜海岸。水がとても綺麗でマリンスポーツもできる♪ソレイユの丘にも歩いて行けます。子供も大人も沢山遊べる海岸で無料キャンプはいかがですか?