タンスのゲン ENDLESS BASE ポップアップテントを1年使った感想

スポンサーリンク
タンスのゲン ENDLESS BASE ポップアップテントを1年使った感想

キャンプ大好きな我が家ですが、普通のタープやテントを公園や海で設営するのは大変。。

ってことで、袋から出しただけで設営完了しちゃう「ポップアップテント」が欲しくて、何も考えずにIKEAの物を購入。

フラミン子
フラミン子

正直失敗でした。。

砂がテントの中に入っちゃうし、暑いし、フルクローズできないし。

なので今度は真剣に三日三晩考えたのち購入したのが、”タンスのゲン”オリジナルブランドの「ENDLESS BASE ポップアップテント250㎝」です。

使って約1年程たちますが、控えめに言って最高です。

まりも
まりも

ということで「ENDLESS BASE ポップアップテント250㎝」について何が最高なのか?詳しくご紹介していきますワン!

スポンサーリンク

ENDLESS BASE ポップアップテント250㎝の詳細

ENDLESS BASE ポップアップテントは「幅200×奥行180」と「幅250×奥行180」の2種類のサイズがあります。

フラミン子
フラミン子

多くのポップアップテントは幅200㎝までのものが多く、幅250㎝のものは珍しいので、その点だけでもこのテントを選ぶ大きな理由になります

もちろん我が家が購入したのは幅250㎝!

タンスのゲン ENDLESS BASE ポップアップテント ikeaのテントと比較 前面

IKEAのテントも200×230とポップアップテントとしては大きめですが、それよりも一回り大きい印象。

フラミン子
フラミン子

この広々空間が最高でした!

詳細を見てい行きましょう!

スペック

タンスのゲン ENDLESS BASE ポップアップテント サイズ

サイズ 幅250×奥行180+100×高さ135cm
(収納サイズ:68×68×4cm)
材質 本体:ポリエステル100%
ペグ、骨組み:スチール
重量 2.8kg
カラー カモフラグレー、ボタニカルベージュ、ライム、キリン、ティニートライ、スモーキーグリーン
付属品 ひさし棒、ひさし棒収納袋、ペグ×10本、ロープ4本、ペグ・ロープ収納袋、本体収納ケース

※幅200㎝は重量2.5㎏、収納サイズが約62㎝になる以外は幅250㎝と変わりません。

タンスのゲン ENDLESS BASE ポップアップテント ボタニカル

我が家のカラーは「ボタニカルベージュ」で、お花の柄がとてもかわいく気に入っています♪

耐水圧の記載はありませんが、生地には耐水性があるため、小雨であれば染みてくることはありません。

風が強くなければ中に荷物を置くだけでOKですが、風が強い時はペグを打たないとテントが飛ばされてしまい大変。

タンスのゲン ENDLESS BASE ポップアップテント 付属品

ペグやロープは付属されているので、特に買い足す必要もなくすぐに使えます。

フラミン子
フラミン子

ロープには自在金具(ロープのテンション調整が簡単にできる道具)も付いているのが嬉しい♪

設営

海で設営してみました!

タンスのゲン ENDLESS BASE ポップアップテント 収納時

収納時のサイズは直径約70㎝。(私は170㎝)

タンスのゲン ENDLESS BASE ポップアップテント 収納時 ikeaと比較

先ほどのIKEAのテントの収納時よりも一回り小さいですね。

重さは2.8㎏なので、肩から下げて歩いてもそこまで負担に感じません。

タンスのゲン ENDLESS BASE ポップアップテント 開く様子

早速袋から取り出して広げる。

ただ広げればボフッと設営完了!

風が強かったのでペグも打ちます。

今回設営した場所は草&砂がミックスされていたので、付属されたいたペグでも固定できました。

が、普通のサラサラな砂地の場合はサンドペグでないとすぐに抜けてしまいます。

タンスのゲン ENDLESS BASE ポップアップテント プラ杭

そんな時カインズホームの一本48円のプラ杭が最高♪

今回も2ヶ所だけ打ちましたが(浅めに)バッチリ固定できました。

タンスのゲン ENDLESS BASE ポップアップテント シェード取り付け方

日さし棒も取り付け。差し込むだけなので簡単です。

設営完了 外観チェック

タンスのゲン ENDLESS BASE ポップアップテント フルクローズ

今回は完璧に設営するため、ロープも4ヶ所張って設営完了!(ロープはよほど風が強くない限り必要ないです

タンスのゲン ENDLESS BASE ポップアップテント 後ろ

前も後ろもすべてのスクリーンを閉じている状態。

この状態なら中はまったく見えないので、着替えや授乳など安心してできます♪

フラミン子
フラミン子

ボタニカルベージュは白いから中が透けるんじゃないかと心配していたけど、まったく透けませんでした

寒い冬にはポカポカ暖かくて昼寝するのにも気持ち良いですよ。

タンスのゲン ENDLESS BASE ポップアップテント フロントシート

フロントシートは独立していて取り外せるようになっています。

フルクローズできるポップアップテントは、フロントシートが前面のスクリーンになっており、フルクローズしてしまうとフロントシートが使えないものが多いです。

その点エンドレスベースのポップアップテントは、フロントシートに置いた荷物を片付ける必要なく、フルクローズできるのはとても便利です。

タンスのゲン ENDLESS BASE ポップアップテント 開脚キャンパー

フロントシートだけで幅250㎝×奥行100㎝あるので、開脚キャンパーも余裕で開脚できる。

タンスのゲン ENDLESS BASE ポップアップテント メッシュスクリーン

スクリーンを開けてメッシュにするとこんな感じ。

姫

虫が入らないのは最高ざますね!

タンスのゲン ENDLESS BASE ポップアップテント スクリーン留め

開いたスクリーンは丸めて留められるようになっているので、邪魔になる事はありません。

タンスのゲン ENDLESS BASE ポップアップテント 後ろ メッシュ

中から後ろのスクリーンを開けると、メッシュ面がとても広く風通しが良い!

フラミン子
フラミン子

後ろのメッシュスクリーンは開閉できないけど、特に不便は感じません

タンスのゲン ENDLESS BASE ポップアップテント フルオープン

メッシュスクリーンを開けば、フロントシートと合わせてかなり広く使えます。

タンスのゲン ENDLESS BASE ポップアップテント ジップ

ちなみファスナーは内・外側両面から開けることができるようになっています。

スクリーンはダブルファスナー、メッシュはトリプルファスナーで開閉にストレスがかからないのも嬉しい。

内部

タンスのゲン ENDLESS BASE ポップアップテント ランタンフック

テントの上部にはランタンフックが1つ付いているので、夜でも安心。

タンスのゲン ENDLESS BASE ポップアップテント ポケット

左右2カ所に仕切りの付いたメッシュポケットが付いていて、携帯電話などちょっとしたものを入れておくのに便利です。

タンスのゲン ENDLESS BASE ポップアップテント シルバーコーティング

生地の内側はシルバーコーティングされていて、遮熱&UVカット効果抜群です!

シルバーコーティング
のココが凄い!
 
  • シルバーコーティングをしているテントとそうでないテントでは、体感温度が12度も違うという実験結果がでています。
  • そしてUVカット率に関しても5%以上の差があり、エンドレスベースのテントは全カラー95%以上のUVカット率を実現しています。
  • 実際の「日焼けのしにくさ」をはかる検査でも、最高水準のUPF50+との結果がでているので炎天下の中でも日焼けの心配はありません。

撤収 たたみ方

たたみ方はとっても簡単!

タンスのゲン ENDLESS BASE ポップアップテント たたみ方 向き

まずロゴが書いてある面を上にしてテントを倒します。

このときフロントシートなどはテントの中に入れます。

タンスのゲン ENDLESS BASE ポップアップテント 収納方法

テント頂点を手前にたたむように持ち上げ、画像の位置に持ってくる。

このときの頂点の位置が重要です。
画像の位置がちょうどいいです。

タンスのゲン ENDLESS BASE ポップアップテント たたむ

円を作るように右と左を織りたたみます。(勝手に丸まる)

タンスのゲン ENDLESS BASE ポップアップテント たたみ方

織りたたんでしまえば手を放しても戻らないので、あとは収納袋に入れるだけ!

姫

コツをつかめば1、2分で撤収完了ざます!

開脚でだってたためちゃう簡単さです!↓

ENDLESS BASE ポップアップテントを実際に使ってみた

タンスのゲン ENDLESS BASE ポップアップテント 3人

実際に家族で中に入るとこんな感じになります。

170㎝と174㎝が足を延ばしてもまだまだ余裕たっぷり。

高さも135㎝あるので、海などで着替える際も楽ちんです。

タンスのゲン ENDLESS BASE ポップアップテント 寝る

3人川の字で手を上げて寝ても全く窮屈さはありません。(なぜか夫はうつ伏せ)

フラミン子
フラミン子

ここに荷物を置くと考えても、4人位までなら快適に使用できそうです

タンスのゲン ENDLESS BASE ポップアップテント うみかぜ公園

こちらは「うみかぜ公園」での様子。

この日は寒かったのでフロントシートに開脚し日向ぼっこ♪

フラミン子
フラミン子

テントの中でお昼寝もできたし、撤収も楽チンで最高でした

タンスのゲン ENDLESS BASE ポップアップテント 海

こちらは海で使用した時のもの。

メッシュスクリーンがおしゃれを演出してくれます。

真夏にも何度も使用していますが、強い日差しでもテントの中は涼しく快適に過ごせました。

フラミン子
フラミン子

フルクローズできて着替えも楽ちんだし、たくさんの荷物でも窮屈になることなく、海水浴には大活躍でした!

テント本体とフロントシートの間には少し段差があるため、砂が入りにくいのも嬉しいところです。

ENDLESS BASE ポップアップテントのメリットデメリット

まりも
まりも

実際に使用してみて感じだメリット&デメリットをご紹介しますワン!

デメリット

  • 風には弱め
  • メッシュを留めるタッセルの位置が低すぎてメッシュが落ちてきてしまう

風には決して強くないので、強めの風が吹くとテントが変形してしまいます。(元に戻りますが)

対策としてはペグをしっかり打つこと。

フラミン子
フラミン子

ロープはつけなくても、本体の4ヶ所をしっかりと打っていればまず大丈夫!

あとはちょっとした事ですが、メッシュスクリーンを留めるタッセルの位置が低すぎでメッシュが落ちてきます。。(なぜか片側だけ)

タッセルがちょっと緩めに作られているのも原因なので、私はタッセルを直接しばっています。

もう少し上に作ってくれてればな。。

メリット

  • 前室のシートが独立しているので、フルクローズしても前室が使える
  • 背面のメッシュが広く風通しが良い
  • シルバーコーティングのおかげでかなりの遮熱効果とUVカット効果がある
  • 入り口がとても広い
  • 250という大きさは他にあまりない
  • 設営撤収がラク
  • 砂がテントの中に入りにくい
  • フロア部の生地が厚めにできているので、安心感がある

メリットはたくさんありますが、まずは一番はこの広さ!

先にも記載しましたが、ポップアップテントでこの大きいサイズは珍しいです。

テントの中にはたくさんの荷物を置くことも多いので、よくある幅200cmタイプだとちょっと窮屈さを感じます。

フラミン子
フラミン子

でも250㎝あればテーブル置いてテント内で簡単な調理をするにも窮屈さは感じません!

そしてフロントシートが独立しているのもかなり便利。

海ではフロントシートの上に砂が載ってしまうので、フルクローズの際にフロントシートを使うタイプだと砂も中に入ってしまいます。

しげる
しげる

フロントシートに置いた荷物をどけるのも大変だしな

様々な商品を徹底比較するmy bestさんの記事”【徹底比較】ポップアップテントのおすすめ人気ランキング18選【2021年最新版】”でもENDLESS BASE ポップアップテントは堂々の第1位を獲得!

本当に使いやすいポップアップテントであることは間違いなしです!

ENDLESS BASE ポップアップテント:まとめ

「ENDLESS BASE ポップアップテント」を購入して1年近くたち、使用回数は20回以上になりますが、いまのところ穴が開いたり等もなくきれいな状態で使えています。

ポップアップテントは一つあると何かと便利。

ピクニックや海へのお出かけの際、UV対策や着替えはもちろん荷物置き場にもなるし、トンビに食べ物を狙われることなく安心して食事が楽しめます。

フラミン子
フラミン子

人目を気にせずお昼寝だってできちゃうし♪

デイキャンプでのテントやタープ代わりにも十分使えます。

ぜひ皆さんも「ENDLESS BASE ポップアップテント」で、快適レジャーを楽しんでみてはいかがですか?

1人~2人の使用ならこちらの幅200㎝がおすすめ!↓

スポンサーリンク