砂浜でのペグは1本48円のプラ杭が最強!サンドペグに最適です!

スポンサーリンク
サンドペグ プラ杭
フラミン子
フラミン子

我が家は海の近くなので、海でバーベキューをすることも多いです

今までタープは自立式の物を使っていたので、ペグに関してはあまり気にしたことがなかったのですが、ヘキサタープを使用するようになったらペグの重要性に気づかされました。

自立式 ヘキサタープ

我が家愛用の鍛造ペグではスポスポ抜けてしまう。。
フラミン子
フラミン子

またペグを買い足さなくてはいけないのか。。

ペグって一本は数百円でもまとまればそれなりのお値段するイメージ。。

しかし、そこはコスパ重視の我が家、何とか安く済ませられないかと思い調べたらありました。

カインズホームで売っている「プラ杭」一本48円(税込み)

8本買っても400円しません!

まりも
まりも

実際に強風の中使用したのでその感想をご紹介しますワン!

スポンサーリンク

プラ杭の詳細

サンドペグ プラ杭値段

  プラ杭 36cm プラ杭 43㎝
サイズ 35.8 x 3 x 2.7 cm 42.9 x 3 x 2.9 cm
重量 45.4 g 49.9g
材質 ポリプロピレン ポリプロピレン
価格(税込) 48円 58円

※カインズホームのオンラインショップで確認しましたが、どうも数値が正確ではなかったので実際に測りました。

本来の用途は「トンネル栽培時のバンド固定用打ち込み杭」という事です。

フラミン子
フラミン子

なので柔らかい土でも抜けない作りになっているんですね

砂浜でのペグ プラ杭値段

カインズホームでの売り場は、外にある農作業道具売り場にありました。

私は三浦店で購入しましたが、プラ杭を扱っていない店舗もあるようです。

その場合はオンラインショップから取り寄せ、最寄りの店舗から受け取ると送料無料になるので利用してみるのも良いかもしれません。

ネットでも全く同じものが売ってます。

詳細確認

サンドペグ プラ杭 大中

左が36㎝、右が43㎝です。

返しの数は36㎝4つ、43㎝5つになります。

サンドペグ プラ杭 ヘッド

ヘッド部分は高さの違うロープ掛けが2つ付いています。

サンドペグ プラ杭 返し

返し。

サンドペグ プラ杭 先端

先端部分。

プラスチックでできているため、金属の鍛造ペグに比べると8本まとめて持っていてもとても軽いです。

プラ杭を実際に使ってみた

海にて実際にプラ杭を使ってみました!

プラ杭のみ砂浜に打ち込み実験

フラミン子
フラミン子

早速海にやってきました!

まずは始めに、やってみたかったのはペグだけ打って、手で抜けるかどうか。

ちなみに、砂質は貝と石が多くサラサラ。

サンドペグ 鍛造ペグ

試しに鍛造ペグを打って抜いてみると、、、

何の抵抗もなく抜けてしまう。(本来なら角度をつけて打つのでもう少し抜けにくいと思いますが、今回は実験なので垂直に打ちました)

サンドペグ プラ杭 試し打ち

次はプラ杭。

サンドペグ プラ杭 トンカチ

ぐっと押し込むとある程度のところまでは手だけで埋まりますが、途中からはハンマーが必要。

しっかりとヘッドまで埋めたら早速抜いてみる!

サンドペグ プラ杭 抜けない

はじめはシュッと抜けそうになったけど、グッと止まった。

返しの部分が引っ掛かり止まったようです。

サンドペグ プラ杭 グリグリ

そこからはグイグイ引っ張ても全く抜けない。

仕方ないので、ぐるぐるとペグを回しつつ引っ張たらやっと抜けました。

フラミン子
フラミン子

砂浜ではしっかりと返しが働いているってことだね

タープ設営時にプラ杭を使用してみた

別の海岸にて実際にタープ設営に使用。

当日は風が強く、そもそもタープが張れるのか?といった感じでしたが、強い風でもペグが耐えられるかどうしても試してみたかったので設営してみました

早速タープを設営。

結論から言うと、強風の中でもペグはビクともしませんでした。

サンドペグ プラ杭で設営

ちなみにタープはフィールドアの物。コスパが良く丈夫なので強風でも安心感があります。

フラミン子
フラミン子

ペグが抜けるよりも、ロープが切れたりタープが裂ける可能性のが高そう。。

と言うくらい、抜ける気配が一切なく、抜くのが大変だったくらい。

サンドペグ プラ杭 曲がった

抜いたペグは曲がっていました。

サンドペグは固いと「折れてしまった」との話もよく聞きます。

曲がるほど柔らかいプラ杭は、砂の中で柔軟に形を変えながらしっかりと埋まってくれているようです。

姫

反対に力をかければ、すぐにまっすぐに戻るざます

そして、サイズは36㎝と43㎝両方とも使ってみましたが、36㎝で十分です。

先ほどの海岸よりも砂の水分が多かったので、抜けずらかった可能性もあります。

深くまでサラサラな砂の場合は長いほうが良いかもしれませんが、多くの砂浜では36㎝で十分なはず。

ちょっと気になることが。。

タープを張る時は、ペグを打った後ロープのテンションを調整しますよね。

サンドペグ プラ杭 鍛造ペグ

その時に、ヘッドのロープを引っ掛ける部分が狭すぎてロープが挟まってしまい、調整が大変でした。。

なので、ロープを調整するときは「ギギギ」とヘッドに挟まったロープを引っ張てから自在金具を調整。

サンドペグ プラ杭 深く埋める

しかし、やりづらいしロープにも悪そうなので最終的には調節せず、あらかじめロープを短くしてからペグに繋げることに。

フラミン子
フラミン子

もともとサンドペグとして作られているわけじゃないので、しょうがないけどね。。。

あとは耐久性ですね。

まだ1度しか使っていないのでわかりませんが、思いのほかしっかりしてそうで、長く使える予感。

まぁ、壊れても48円だから買い直すのも苦じゃないです。

他のサンドペグは?

せっかくなので、他のサンドペグも調べてみました。

キャプテンスタッグのサンドペグはネットでも安価で人気があります。

まりも
まりも

色もかわいいワン!

こちらは10本で1000円ちょっととコスパが良く、砂地だけでなく雪や芝生でも使用可能な人気のある商品です。

しげる
しげる

100均でも見つけたぞー

サンドペグ 100均

このヘッドだったら、ロープが挟まらなくて良さそう。

ちなみに「ダイソー」と「セリア」どちらでも売っていました。

砂浜でのペグに最適!プラ杭:まとめ

「海でのキャンプは滅多にしないから、普通のペグでも良いんじゃない?」

と思う方も多いかもしれませんが、海では急に風が強くなることも多いです。

その際テントやタープが飛ばされたら、とても危険な上、楽しい気分もだだ下がり。。

そんな事にならないように、砂浜にしっかりと固定されるペグは必須!

48円のペグなら気軽に買えるのではないでしょうか?

フラミン子
フラミン子

ぜひ、砂浜で試してみてください

三浦半島でひっそりとキャンプ(野営)するなら油壺の荒井浜がおすすめ
今回ご紹介するのは、キャンプ(野営)におすすめ!三浦半島は油壺の「荒井浜」です! しげる 油壺と言えば「油壺マリンパーク」のイメージしかないぞ。。 フラミン子 「油壺マリンパーク」はも...
【穴場のキャンプ地】三浦半島の白浜毘沙門天!都心から1時間半で行ける!
東京都心から車で1時間半ほどで到着する、三浦半島穴場の海岸「白浜毘沙門天」。毘沙門海岸は車で浜まで下りられるので、キャンプ(野営)をするにはとても便利な海岸です。アクセスの方法やデイキャンの様子、キャンプにおすすめの場所もご紹介します!
【透明度抜群の海!】三浦半島の浜諸磯でキャンプ!駐車場やアクセス方法ご紹介
正直この場所は記事にするか迷いました。私のとてもお気に入りの場所だから。綺麗な海水と沢山の生物が棲む「浜諸磯」。広くない浜では昔からキャンプ(野営)をする人が沢山います。知る人ぞ知る「諸磯海岸」はアクセス方法や駐車場がわかりにくいので、今回は詳しくご紹介!
和田長浜海岸で無料キャンプin三浦半島【東京都内から車で1時間】
東京から1時間で行ける三浦半島の海岸で無料キャンプ!無料の駐車場も完備の和田長浜海岸。水がとても綺麗でマリンスポーツもできる♪ソレイユの丘にも歩いて行けます。子供も大人も沢山遊べる海岸で無料キャンプはいかがですか?

スポンサーリンク