砂浜におすすめのキャリーワゴンはコレ!FIELDOORワイルドマルチキャリータフ

FIELDOOR ワイルドマルチキャリータフ
フラミン子
フラミン子

我が家は海に近くにあります。

とはいえ、歩いて15分はかかるので、海でBBQをするときなどは車で運んでいました。

フラミン子
フラミン子

しかし、車だとお酒が飲めない。。

だったら歩いて行けば良いじゃないか!

ってことで、荷物を運べるカートを探すと、砂浜ではタイヤが埋まり走行するのは大変とのレビューが多い。。

そんな中、太いタイヤで砂浜も進めるという「FIELDOORワイルドマルチキャリー タフ」を発見!

 
本当に砂浜でも大丈夫??
まりも
まりも

商品の詳細と、実際に使ってみた感想をお伝えしますワン!

スポンサーリンク

砂浜におすすめ!FIELDOOR キャリーワゴン:詳細

FIELDOORの太いタイヤタイプのキャリーカートは「ワイルドマルチキャリータフ」と「ワイルドマルチキャリータフロング」の2種類発売されています。

私が購入したのは「ワイルドマルチキャリータフ」ですので、こちらの商品の詳細をご紹介します!

ちなみに、「タフロング」の方はその名の通り「タフ」よりも若干サイズが大きくなります。

サイズが大きくなるだけで仕様は変わりませんので、「タフロング」の購入をご検討の方にも参考になると思います。

スペック

fieldoorキャリーワゴン

ワイルドマルチキャリー タフ
  奥行 高さ
本体 98cm 62cm 73~96cm
かご寸法 78cm 47cm 28cm
折りたたみ時 33.5cm 62cm 74~98.5cm
本体重量 約11㎏
耐荷重 150kg

fieldoorキャリーワゴンカラー

カラーは現在12色発売されています。

私が使用しているカラーは現在発売されていないようです。

太いタイヤ

fieldoorキャリーワゴンタイヤ

ご覧の通りタイヤがとても太いので、砂浜やでこぼこ道でもスイスイ進める。

そして、前輪は360度回転するので操作性も良く、思い通りに進むことができます。

着脱可能なシート

fieldoorキャリーワゴンシートAC

シートとフレームがバックルとワンタッチテープで簡単に脱着可能なのでお手入れもラクラク。

折りたためばコンパクト 

fieldoorキャリーワゴン折りたたみ時

折りたたむと四輪が平行に並び、幅33.5㎝ととてもコンパクトになります。

折りたたむのもとても簡単で、

fieldoorキャリーワゴン折りたたみ方1

シートの真ん中に付いているリング状のひもを持ち上げます。

fieldoorキャリーワゴン折りたたみ方2

fieldoorキャリーワゴン折りたたみ方3

それだけでたためる。

fieldoorキャリーワゴン折り4たたみ方

あとは、サイドに付いているバックルをとめるだけ。

fieldoorキャリーワゴン持ち運び

折りたたんだまま移動もできます。

自立もするので、収納時には安定感がありますよ。

耐荷重150㎏

一般的なキャリーワゴンは耐荷重100㎏までの場合が多いように思います。

しかし、こちらの商品は耐荷重150㎏

fieldoorキャリーワゴンフレーム

丈夫なスチールフレームのおかげで安心して荷物を載せることができます。

砂浜におすすめ!FIELDOOR キャリーワゴン:実際に使ってみた

fieldoorキャリーワゴン海

購入してから2年以上経つので、色々なところで使ってきました。

とても頑丈な作りなので、何も気にせずバンバン荷物を置くことができるのでとても重宝しています。

fieldoorキャリーワゴン海1

荷物を運んだあとには荷物置きにもなるし、子供は楽しそうに乗ったりしています。

フラミン子
フラミン子

子供が汚してしまっても取り外して拭いたり、部分洗いできるので大丈夫♪

fieldoorキャリーワゴン海2

砂浜で我が子とお友達、子供二人を乗せたまま引っ張たことも。

正直、すいすい進めるというほど楽じゃないですが、車輪はしっかりと回転しているので、十分進むことができます。

ちなみにこの時、友人夫婦はコールマンのキャリーカートを持ってきていました。

まりも
まりも

せっかくなので、この時に感じたコールマンのキャリーワゴンとの違いを確認していきたいと思いますワン!

コールマンキャリーワゴンとの比較

当日、友人夫婦と私たちは家から海まで(15分位)キャリーカートに荷物を載せて移動しました。

友人宅と我が家はとても近く一緒に行ったのですが、その時に感じたこととしては、コールマンのタイヤは細く、ちょっとした溝や段差で止まってしまうということ。

止まるまではいかなくても、段差では余計に力が必要になってる印象でした。

そして、コールマンはT字型ハンドルのせいか、引っ張りずらそうな感じ。(FIELDOORはリング型)

実際に引かせてもらうと、やはりリング型の方が持ちやすいです。

そして、砂浜ではコールマンの細いタイヤは致命的で、砂浜に入った瞬間にタイヤが全く回転しなくなってしまったので、力ずくで持ち上げての移動となりました。

フラミン子
フラミン子

そもそも、砂浜などの悪路を想定して作られたものではないと思うので仕方ないですね。

しかしFIELDOORのキャリーワゴンの場合、普通の道を引いていくにも太いタイヤは安定していて段差や溝にも引っかからず、とても快適です。

「ここの溝はまりそうだから、こっちから行こう」などという面倒なことは全く考えなくて良いのも楽

砂浜におすすめ!FIELDOOR キャリーワゴン:まとめ

すでに2年以上、重いキャンプ道具を詰め込んだり悪路を走行したりと、酷使してきましたがどこにも不具合なく活躍してくれています。

シートが取り外しできるキャリーワゴンは、他にはあまりないので、この点もかなりおすすめです

使っているうちにシートの上に細かい砂や石がたまっていったり、所々汚れていくので、その際に取り外せるととてもラクです。

不満点は特にないほどお気に入りのFIELDOORキャリーワゴン!

ぜひ使ってみてください♪

こちらは「タフロング」

スポンサーリンク