【コスパ良し!】Litom LEDヘッドライト センサー付きをキャンプで使ったら最高だった

【コスパ良し!】Litom LEDヘッドライト センサー付きをキャンプで使ったら最高だった

キャンプを初めて早2年が経ちますが、ヘッドライトは持っていませんでした。

正直今までそんなに必要性を感じなかったので。。

が、先日行ったキャンプでのこと、少ないランタンしか持って行かず、更には電池が弱くなってしまい、暗~いキャンプ場で大変不便な思いをしました。

フラミン子
フラミン子

とにかく手元が暗くて、キャンプ飯を作るのも一苦労

そんな時思ったのです。

ヘッドライトあればめっちゃ便利じゃない!?

そう思ったらキャンプ沼。速攻Amazonでヘッドライト探し。

コスパ重視の我が家は当然お安いヘッドライトを購入しようと思いましたが、「暗い・電池を入れっぱなしにすると放電する・防水じゃなかったのですぐ壊れた」などレビューを見ると散々な事が書いてあるものが多い。。

で、悩みに悩んで3日後にやっとポチッたのが「Litom センサー機能付きLEDヘッドライト 」です!

届いて使って大正解!

とても気に入ったので追加購入もして2個使用中です♪

まりも
まりも

それでは「Litom センサー機能付きLEDヘッドライト」について詳しくご紹介しますワン!

スポンサーリンク

Litom LEDヘッドライトセンサー機能付きの基本スペック

Litom LEDヘッドライト センサー機能付き 正面

サイズ 幅60×奥行35×高さ47mm
本体重量(電池含) 91g
電池 単4電池×3本
防水レベル IPX6 (大雨でもOK)
明るさ 168ルーメン
最大照射距離 約110m
角度調整 下向き60度
カラー ブラック・グリーン
点灯モード
  • 白色LED:3段階点灯、点滅
  • 赤色LED:点灯、点滅
点灯時間
  • ハイ/点灯時間 30時間
  • ミドル/点灯時間 55時間
  • ロー/点灯時間 120時間
その他
  • ジェスチャーセンシング
  • 18か月製品保証

Litomのサイトを見ると、アメリカの会社のようです。

現在もしっかりと運営されており、保障内容など充実している印象。

ソーラーウォールライト(屋外の壁に設置して太陽光で光るライト)ではアメリカのAmazonでナンバーワンのベストセラーになっています。

フラミン子
フラミン子

散々安価なヘッドライトを調べましたが、ここまで充実した性能でレビューも良いのは他になかったです

安価なヘッドライトの場合、防水機能が付いていなかったり、とにかく「すぐに壊れた」というレビューを沢山見ました。

Litomのヘッドライトはすぐに壊れたというレビューが比較的少なかったのと、「18ヶ月保障」があり実際に18ヶ月以内に壊れた場合はしっかりと対応していただける事を確認したので購入しました。

防水機能もすごい!

Litom LEDヘッドライト センサー機能付きを詳しくチェック

まりも
まりも

細部を詳しくご紹介しますワン!

詳細をチェック

Litom LEDヘッドライト センサー機能付き Amazon

Amazonで購入!次の日には大きな箱が届き「そんなにヘッドライトって大きいの?!」と思っていたら、ビックリするくらい小さい箱の「Litom LEDヘッドライト」登場!

しげる
しげる

というか、Amazonの箱が大きすぎるんじゃないか?

Litom LEDヘッドライト センサー機能付き 箱

とてもコンパクトな箱。

中には簡単な説明書とヘッドライトが入っています。

Litom LEDヘッドライト センサー機能付き グリーン

こちらはグリーン。本体はモスグリーンのような濃い緑。ベルトは黄色の模様です。

Litom LEDヘッドライト センサー機能付き 二種類

後日購入した、ブラックと比べるとこんな感じ。

ブラックのベルトはロゴのみで、グリーンに比べるとシンプルです。

Litom LEDヘッドライト センサー機能付き 角度

四段階に角度調整ができて、最大65度まで調整可能。

Litom LEDヘッドライト センサー機能付き 電池

単4電池3本使用。赤い部分がゴムパッキンになっており、水が入ってこないようになっています。

ちなみに、充電式ではなく電池式を購入したのは、災害時にも使いたいと思ったのと、我が家がズボラだからです。

充電式はキャンプ行く前にしっかり充電できれば良いのですが、忘れてしまってキャンプ場で切れたらそれで終わり。。

電池式なら、予備の電池さえ持って行けば電池残量などは気にする必要が無いので我が家には合っていると思いました。

ボタンを詳しくチェック

Litom LEDヘッドライト センサー機能付き ボタン

上の2個のボタンは、正面から見て左は白色LED、右が赤色LEDのボタンになります。

headlightLitom LEDヘッドライト センサー機能付き 点灯

白色LEDのボタンは、ハイ→ミドル→ロー→点滅→消灯の順番でモードを変えられます。

ここでかなり便利だと思ったのが、すぐに消灯できること。
例えばハイモードで使っていたら、消灯するのに4回ボタンを押さなくちゃいけないと思いますよね?

が、このヘッドライトは、ライトを付けてから一定時間以上(5秒くらい)ボタンを押さないと、次にボタンを押したときに消灯してくれるんです。

これ、めっちゃ便利!

 

headlightLitom LEDヘッドライト センサー機能付き レッドライト

赤色LEDは点灯→点滅→消灯の順番です。

白色LED同様、一定時間が経ってからボタンを押すと消灯します。

headlightLitom LEDヘッドライト センサー機能付き センサーライトボタン

センサーを使う時はボタンを長押しします。

すると上記画像のようにボタンが緑に光るので、これで準備OK。

この状態でライトの前に手をかざすと点灯と消灯ができます。

フラミン子
フラミン子

なるべく早く手を動かした方が反応しやすいです

このセンサー機能はすべてのモードで使えます。

例えば白色LEDのミドルモードで使いたい時、ミドルライトの状態でボタンを長押しすると、ミドルライトのセンサーモードになります。

当然赤色LEDでも使えるので、すごく便利です。

試着

Litom LEDヘッドライト センサー機能付き 試着

フラミン子がつけるとこんな感じ。

フラミン子
フラミン子

髪の毛がモコッとなってるのは気にしないでね

ゴムの幅もしっかりしていてよく伸びるので、装着していても違和感なく圧迫感もありません。

重さも全く気になりません。

Litom LEDヘッドライト センサー機能付き 最大角度

最大角度まで下げてみるとこんな感じ。

Litom LEDヘッドライト センサー機能付き 帽子

帽子に付けても良い感じ。

Litom LEDヘッドライトを実際にキャンプで使ってみた

先日のキャンプにて早速ヘッドライト使用してみました!

フラミン子
フラミン子

何で今まで買わなかったのっ!ていうくらい便利だったことを始めに言っておきます。。

とにかく明るくて最高!

キャンプの際、夜間行動するのには100ルーメン以上は欲しいところだそう。

このLitom LEDヘッドライトは168ルーメンあり、最大110m先まで見えますよという十分すぎる明るさ。

ちなみに、Amazonで人気の高い「GENTOS(ジェントス) LED ヘッドライトCP-095D」は95ルーメンで最大照射距離55mです。

センサーも付いていません。

さらに、「電池を入れっぱなしにしていると放電してしまい、使いたいときに電池切れになってしまう」という口コミが大変多かったことがとても気になりました。

 

 
 
実際にキャンプで「ハイ・ミドル・ロー」と明るさを比較した写真を撮影したのですが、帰ってみて見るとボケボケになってしまいわかりづらかったので、家の近くで撮影してみました。
 

無灯→ハイ→ミドル→ロー→赤色ライトと同じ場所から点灯した画像をご覧下さい↓

Litom LEDヘッドライト センサー機能付き 無灯

Litom LEDヘッドライト センサー機能付き ハイライト

Litom LEDヘッドライト センサー機能付き ミドルライト

Litom LEDヘッドライト センサー機能付き ローライト

Litom LEDヘッドライト センサー機能付き 赤色ライト

ちなみに赤色LEDは、屋外の広い場所では離れた場所はほとんど見えませんが、テント内など狭い空間だとある程度見えます。

Litom LEDヘッドライト センサー機能付き ハイライト

こんな感じで狭い空間だと赤色LEDでもある程度見える。

赤色ライトがめっちゃ使える

フラミン子
フラミン子

これはねぇ、ビックリしましたねぇ。。

キャンプの最中、白色ライトよりも赤色ライトを使っている時間の方が圧倒的に長かったです。

なぜかというと、、

  • 自分自身の目が楽なのと、他の人にも迷惑がかからない事(眩しいって思われない)
  • 先に寝た子供の寝顔を見に行くときも、赤色LEDなら子供が目を覚ます心配もない。
  • 焚き火をしている時、普通の白色ライト眩しくて邪魔になりますが、赤色ライトなら全く邪魔にならない。
  • それでいながら、近くの物はしっかりと見える。キャンプビンゴの字も問題なく読める明るさです。(小説だって全然読める)

Litom LEDヘッドライト センサー機能付き 赤色LED

新戸キャンプ場 開脚焚き火

フラミン子
フラミン子

赤色LEDすげーや!と思いちょっと詳しく調べてみました

赤色ライトが目に優しい理由

暗闇にしばらくいると目が慣れて、見えなかったものが見えるようになりますよね?
このことを暗順応と言いますが、再び明るい光を見るとリセットされてしまい、また見えなくなってしまいます。

が、赤い光は桿体細胞(明暗を認識する目の細胞)に反応せず、暗順応を妨げられにくいのです。

姫

赤色ライトは脳が眩しいっ!と思わないから、目の瞳孔も反応せず、暗順応が妨げられにくい訳ざますね

実際に赤色LEDの良い点をまとめてみました。

  • 天体観測の時、暗闇に慣れた眼を痛めない
  • 周りに迷惑かけず自分の手元を照らすことができる
  • 目が楽
  • 夜釣りの際魚を刺激しない
  • 昆虫は赤色ライトの光を認識しずらいため、夜の昆虫採集にも最適
しげる
しげる

人間だけじゃなく、魚や昆虫も赤色ライトにはあまり反応しないんだなぁ

センサーがかなり便利

センサーも思った以上に便利でした。

焚き火のグローブをはめている時や、手が汚れていたり濡れていても、ライトのオンオフができます。

フラミン子
フラミン子

単純にボタンを手で探って押すよりも、手をかざした方が全然楽なのよね

夜釣りをされる方は、絶対センサー付きがおすすめです。(汚れた手で直接ヘッドライトを触らなくて良い!!)

角度調整機能はなきゃダメだぁ!

むしろ角度調整がないヘッドライトってかなり不便じゃない?と感じざるを得ない、角度調整ありの便利さ。

ずっと二段階くらい下に向けて使っていました。

同じ場所で撮影した、調整なし~4段階まで1段階づつ下げていく様子をご覧下さい。↓

Litom LEDヘッドライト センサー機能付き 角度4

Litom LEDヘッドライト センサー機能付き 角度1

Litom LEDヘッドライト センサー機能付き 角度2

Litom LEDヘッドライト センサー機能付き 角度3

Litom LEDヘッドライト センサー機能付き 角度5

Litom LEDヘッドライト センサー機能付きメリットデメリット

まりも
まりも

実際に使ってみて感じた、メリットデメリットをご紹介しますワン!

デメリット

  • 電池がもう少し少ないと良い
  • 角度調整がちょっと硬い
フラミン子
フラミン子

単3電池一本で使用できるヘッドライトも多く売られている中、単4電池を3本使うのはちょっと多いかなという印象

とはいえ、重いという事もなくその分「長く電池がもつ」という事を考えればしょうがないかな。。

メリット

  • コスパが良くて18ヶ月保障
  • とにかく明るい
  • 全てのモードで使えるセンサーが便利
  • 電池式が◎
  • 防水機能がしっかりしている
  • 赤色LEDが便利

とにかく、このお値段で18か月の保証も付いていて、この性能のヘッドライトは他に中々ありません。

フラミン子
フラミン子

なんせ、コスパ重視の我が家が3日以上悩んで購入したくらいですから

ヘッドライト購入を悩んでいたお友達にも自信をもっておすすめしました。

まとめ:Litom LEDヘッドライト センサー機能付き

キャンプ初心者の方に提言するなら「ヘッドライトはなるべく早く買うべし」という事。

フラミン子
フラミン子

もう2年以上キャンプをしている我が家はなぜヘッドライトを買わなかったのか?

こんなに便利なものは早く買うべき。

それこそ両手が使えるヘッドライトは災害時にも大活躍してくれると思います。

一人一台持っていて損はないヘッドライト。ぜひコスパの良い「Litom LEDヘッドライト」を試してみてはいかがですか?

スポンサーリンク