【わかりやすく解説】自分で相続登記やってみた!必要書類公開(写真付き)

スポンサーリンク
相続登記自分でやってみた
フラミン子
フラミン子

昨年祖母が亡くなり、祖母の土地と建物を私が相続することになりました

なぜ私が相続することになったかと言うと、相続するはずだった父が祖母より先に他界してしまったからです。

土地や建物を相続するには「相続登記」の手続きをしなくてはいけません。

多くの人は司法書士に頼んで手続きをしてもらうのですが、その費用は平均で10万円程かかります。

更には相続するために払う税金などもあるので、ウン十万はかかってしまうと知り、

フラミン子
フラミン子

高い、高い、高い、、、

と、首をかしげながらよだれを垂らしていると

姫

自分でも出来るざますよ

と風のうわさを耳にした私は早速調べてみると、面倒くさそうだけど出来そうだ!と思い法務局へ。

結果的には4回も通う羽目になってしまいましたが、無事に相続登記完了!!

実際に必要になった書類を全て公開します!

これから自分で「相続登記」をしようと思っている方の参考になれば嬉しいです。

あくまでも私が相続する場合に必要だった書類です。
遺言書の有無や被相続人との関係によって変わってくるのでご了承ください。
スポンサーリンク

自分で相続登記する時、必要な書類一覧

法務局で貰った「相続登記に必要な書類」という案内をもとに一つずつ見ていきましょう。

相続関係説明図

相続関係説明書

手書きでもパソコンで作っても大丈夫です。

私の相続関係説明図はこんな感じになります。

相続の権利がある人間は、私と叔母の2人になります。

私の母は、祖母と血のつながりは無いため相続の権利はありません。

被相続人(死亡した方)の出生から死亡までの戸籍謄本、除籍謄本

被相続人の戸籍謄本

相続人となる方の有無について確認します。
被相続人が生まれてから死亡するまでに在籍したすべての戸籍(除籍)謄本が必要です。

私の場合は祖母の戸籍謄本と除籍謄本が必要になりました。

「出生から死亡まで」というのが厄介で、すべての戸籍謄本を集めるのには時間と手間がかかります。

まりも
まりも

具体的にどのようにして集めていくのか、順を追って説明しますワン♪

  1. まずは自分(相続人)の本籍地で戸籍謄本を取得する。
    (これで被相続人との関係を証明できるようになります。私の場合は更に父の戸籍謄本も必要になりました)

  2. 次に被相続人の最終的な本籍地の役所で、「一生分の戸籍謄本を揃えたいです」と伝え、その役所で取れるだけの戸籍謄本を受け取ります。
    ここですべての戸籍謄本が取得できればここで終了となります。
    しかし、引っ越しや結婚、離婚等により本籍を何度か移動した場合は、別の役所に請求しなくてはなりません。

  3. すべての戸籍謄本が揃わなかった場合は、役所の方に「これより前の戸籍謄本はどこに請求すればよいですか?」と聞けば教えてくれますので、その地区町村を確認します。
  4. 確認できたら、その地区町村が近い場合は直接取りに行っても良いです。
    しかし遠い場合は、郵送で送ってもらうことが出来ます。
    該当する役所又は町役場のホームページを見て(「役所名、戸籍請求」で調べると出てきます)請求方法を確認の上、請求しましょう。

  5. 請求した戸籍謄本が届いたら更にそこからさかのぼる必要があるか確認します。
    改製原戸籍になると縦書きの手書きになりとても読みにくくなります。
    自分ではわからないと思ったら、請求した役所に電話してみましょう。おそらく教えてくれると思います。

このようにして、一生分の戸籍謄本を請求します。

祖母の場合は最終的に3か所の役所から請求しました。

被相続人(死亡した方)の戸籍の附票(徐附票)又は除かれた住民票(本籍の記載のあるもの)

被相続人の住民票

登記上の名義人と同一人かどうかを住所氏名で確認します。
死亡時の住所氏名が登記上の名義人と異なる場合は、変更の経過が明らかになるものが必要です。「戸籍の附票(徐附票)」や「除かれた住民票」等で変更の経過が証明できない時で登記上の名義人の住所が被相続人の本籍と一致しない場合は、不在籍証明書・不在住証明書および登記済証(権利証)の写しが必要になる場合があります。

被相続人である祖母の場合は死亡時の住所氏名が登記上の名義人と同じだったため「除かれた住民表」のみで大丈夫でした。

※役所又は町役場等で取得します。

相続人全員(相続する権利のある方全員)の戸籍謄本(抄本)

相続人の戸籍謄本

相続開始以降の証明日のものが必要です。
被相続人の戸籍謄本等と重複するものがある場合は、重ねて提出する必要はありません。

相続する権利のある人全員なので、兄弟が多かったり被相続人が遠縁の場合は揃えるのが大変です。

私の場合は、私・叔母・亡くなった父の戸籍謄本が必要でした。(父は除籍謄本も)

亡くなった父には相続権利は無いのですが、祖母ー父ー私の繋がりを証明するため、そして父に私以外の子供がいないかの確認のために必要になります。(改製原戸籍謄本)

※役所又は町役場等で取得します。

フラミン子
フラミン子

ちなみに戸籍謄本は委任状があれば他の人でも取得できますよ

不動産を相続する方の住民票(本籍の記載のあるもの)

相続人の住民票

申請書に、住民票コード(住民基本台帳法第7条第13号)を記載した場合は省略できます。
私は住民票を提出しました。

※役所又は町役場等で取得します。

遺産分割協議書

遺産分割協議書

話し合いで法定相続分と異なる相続方法を決めたときに必要です。

遺言書がなく相続の権利がある人が複数人いる場合は、遺産分割協議書が必要になります。

私の場合は「私がすべて相続する」ということで叔母にサインをしてもらいました。

※遺産分割協議書の用紙は法務局でもらえます。

印鑑証明書・・・各1通

印鑑証明

遺産分割協議書等を作成した場合に必要です。

遺産分割協議書にサインをした人全員の印鑑証明書が必要です。

私と叔母のものを各1通用意しました。

※役所又は町役場等で取得します。

特別受益による相続分不在証明書(印鑑証明書を添付)

被相続人から法定相続分を超える遺贈又は贈与を受けた相続人がいるときに必要です(民法903条)
私は該当しなかったので提出しませんでした。

登記申請書

登記申請書

申請書に記載する不動産の表示については登記事項証明書(登記簿謄本)を見て記載します。

土地と建物を相続する場合はそれぞれの申請書が必要です。

※申請書の用紙は法務局でもらえます。

固定資産の評価証明書(相続する土地・建物の申請する年度と同一のもの)

固定資産の評価証明書

登録免許税の算定に必要です。
市役所又は町役場等の固定資産係にて取得します。

土地や建物の価格は変動するので、「相続の申請をする年度と同じ」でなくてはいけません。

●登録免許税の計算方法(相続する物件が土地(又は建物)のみの場合

★課税価格=評価価格

★登録免許税=課税価格×1000分の4

委任状

登記申請を代理人に委任した場合に必要です。

私は自分で申請したので必要ありませんでした。

その他(権利証)

登記事項証明書

申請書の不動産の表示を記載する際に必要になります。

※登記事項証明書(登記簿謄本)は法務局で取得します。

相続登記自分でやってみた!:まとめ

実際に自分でやってみると、書類を揃えるのが大変で、法務局に行くたびに「あれが足りない。これが足りない」と出直しを余儀なくされました。。

フラミン子
フラミン子

4回目の正直で何とか登録完了!

とは言え、法務局に行けば詳しく教えてくれますし自分でも問題なく「相続登記」はできます。

一番厄介なのは相続についてもめてしまった場合だと思います。。

親族の間で解決するのが難しい場合は、速やかに専門家に相談した方が良いと思います。

なぜなら、登記申請するのが遅れれば遅れるほど、相続の権利がある人間が増えていってしまう可能性があるからです。

相続登記を遅らせてしまうと

まりも
まりも

上の図を見ながら説明しますワン

①~③は亡くなった順番とします。

父が不動産を所有していて誰も相続登記をしなかった場合。

①で父が亡くなった時、相続の権利があるのは「母、長女、長男」となります。

②で母が亡くなった時は「長女、長男」に相続権利があります。

この段階で姉弟間で話合いをして相続方法を決めておけば良いのですが、話がまとまらなかった、もしくは先延ばしにしていると

③で長男が亡くなった時、長女以外にも「子3、子4、子5」にも相続の権利が発生してしまいます。

そうなると更に面倒なことになるのがおわかり頂けると思います。

このように先延ばしにしていくと、ある時「土地を売りたい!」と思ったときに実は相続の権利がある人が沢山いた。。なんてこともあり得る訳です。

フラミン子
フラミン子

そうなる前に速い段階でしっかりと相続登記をする事をおすすめします

スポンサーリンク