インフルエンザ予防接種は必要か?納得してから受けたいので調べてみた

インフルエンザ予防接種

フラミン子
フラミン子

すっかりインフルエンザの季節ですね。。

今年は夏ごろから、学級閉鎖する学校が出たりと早い段階から流行ってるみたいです。

しげる
しげる

僕の学校でも学級閉鎖中だよ

そこで考えなくてはいけないのが「インフルエンザ予防接種」のこと。

 

うちは去年まではほとんど打ったことがありませんでした。

以前に父を在宅介護していた時が最後だったかな。。

しかし、今年からは初の集団生活をスタートさせた息子がいるので、打たなくちゃいけないようなぁ~と思い、かかりつけの病院に予約の電話。

すると、「お値段は1回4,000円になります。」

とのこと。。

あれ?!去年までは3,000円だったはず!?

何やら全国的に値上がりしたようで、正直高くてびっくり。。

13歳以下の子供は2回打たなくてはいけないので、(大人と値段変わらず)

4,000円×4回(大人2人、子供1人)=16,000円

フラミン子
フラミン子

ガビーーーン。。

日々100円レベルで出費を考えている私には中々の高い支出、、。

そもそも本当にインフルエンザ予防接種は必要なのだろうか?

その辺をしっかり調べないと、こんなに高い出費は許せない!!

という事で、インフルエンザ予防接種について詳しく調べてみました。

■こんな方に読んでほしい■
  • インフルエンザ予防接種を受けるか悩んでいる
  • 実際の効果を知りたい

スポンサーリンク

インフルエンザについて

インフルエンザ

感染者数

厚生労働省の発表によると、例年のインフルエンザの感染者数は国内で推定約1000万人。

年によっても変わりますが、10人に1人が感染しています。

重症化しやすい人は?

インフルエンザにかかり、重症化しやすいのは、

高齢者・乳幼児・妊婦・慢性的に呼吸器や心臓に病気を持つ人・糖尿病や慢性腎臓病を持つ人、など一般的に抵抗力が低下した人が罹りやすいとされています。

年間死亡者数は?

毎年流行するインフルエンザは、その年によって型が変わるため、予防接種の効果などにもばらつきがあり、死亡者数も変化します。

しかし、厚労省の発表によると、毎年数百人~数千人はインフルエンザで亡くなっていると報告されています。

また、直接的及び間接的にインフルエンザの流行によって生じた死亡を推計する「超過死亡概念」というものがあり、この推計による年間死亡者数は約1万人とされています。

インフルエンザの合併症

インフルエンザ1

インフルエンザの合併症には「インフルエンザ肺炎」「インフルエンザ脳症」などがあります。

「インフルエンザ脳症」は幼少児が罹りやすい合併症で生命にも関わる病気です。

そして、高齢者が中心に起こりやすい合併症としては「二次性の細菌性肺炎」があります。

これは、インフルエンザウイルスが直接原因となる肺炎とは異なり、インフルエンザに感染すると、ウイルスにより食道の粘膜などがダメージを受け、その局所にあった免疫機能が低下。

そして、局所の免疫が低下することによって細菌が侵入しやすくなり、肺炎を合併しやすくなります。

このような細菌による肺炎は、インフルエンザに感染して回復し始めてから発症することが多くなります。

インフルエンザ脳症

インフルエンザ脳症のメカニズムについては、はっきりとは解明されていません。

大きな分類としては“急性脳炎”の中で、インフルエンザウイルスに関連しているものを“インフルエンザ脳症”として取り扱っています。

つまりインフルエンザ脳症は、インフルエンザにかかり何らかの悪影響が脳に及んだ病気です。

ほとんどの場合は発症から数時間以内に神経症状が出ますが、脳内からウイルスが検出されたことはないため、インフルエンザがこじれた結果ではなく、初めからインフルエンザ脳症として発症すると考えられています。

最新の報告(2018年)では、年間発症は100~300例、 致命率は7~8%、知的障害や高次脳機能障害、てんかん、体のまひなどの後遺症は約15%となっています。

1~5歳までの乳幼児を中心に、就学前の子供が重症化しやすく、9歳までの子供で50%以上を占めています。

2018秋から2019年1月下旬までの脳症報告数(暫定値)は127人。1歳から40代の少なくとも5人の死亡が報告されています。

インフルエンザ脳症と予防接種

インフルエンザ脳症患者と、インフルエンザ罹患者の間でワクチン接種率に差はなく、インフルエンザ脳症の阻止という点でのインフルエンザワクチンの有効性は低いと考えられています。

(実際にインフルエンザ予防接種を受けた20代看護師の女性がインフルエンザ脳症にかかり1日半ほどで亡くなった例もあります。)

しかし、インフルエンザ脳症はインフルエンザ罹患者に発症する病気であることから、ワクチンによりインフルエンザにかかる可能性を減らし、その結果として脳症発症のリスクを減らせる可能性はあります

インフルエンザ発病から脳症発症まで1日ちょっとしかないため、症状が出てから医療機関を受診し薬を開始してもすでに遅く、脳症に至ってしまう可能性があります。

そのため、インフルエンザそのものの予防が重要ということです。(何度も言うようですが、そもそもインフルエンザに罹患しなければ脳症にも罹患しません)

  • インフルエンザ脳症はインフルエンザに罹患した人なら誰でもなりうると言うこと。(子供の方が多いが)
  • インフルエンザ発病から、とても短期間(多くは2日以内)に発症して、重篤な状況になることもある。
  • 高熱やけいれんが続くなどという症状が必ずしも出るわけではない。(「こうなったから脳症になる」という予測ができない)

つまり、インフルエンザ脳症にならないようにするには、インフルエンザにかからないようにするしかないのです。

そういう意味で、予防接種が有効だということです。

インフルエンザ予防接種の効果

まりも
まりも

ここで、ワクチン接種した場合としなかった場合の発病確率を見てみましょう。そこからワクチンの有効率を計算するワン!

厚生労働省によると

  • ワクチンを接種しなかった100人のうち30人がインフルエンザを発病(発病率30%
  • ワクチンを接種した200人のうち24人がインフルエンザを発病(発病率12%
  • ワクチン有効率={(30-12)/30}×100=(1-0.4)×100=60%

※これは、ワクチンを接種せず発病した方のうち60%(上記の例では30人のうち18人)は、ワクチンを接種していれば発病を防ぐことができたという事です。

年齢によっても変わるようで、1歳~6歳未満では発病を阻止する効果は約20~30%、65歳以上の健常な高齢者については、約45%の発病を阻止し、約80%の死亡を阻止する効果があったという報告があります。

ちなみに1歳未満はデータが少なく効果が明らかになっていないそう。

インフルエンザの予防法

手洗い

一番の予防法は、予防接種です。

姫

そして、手洗いもとても有効な予防法でございます

石けんやハンドソープで15~20秒かけて手を洗い、流水でしっかり洗い流す。

手についたウイルスの量は、流水のみの手洗いで100分の1に、ハンドソープを併用することでさらに100分の1に減らすことができるという報告があります。

手洗いができない場合には、アルコール消毒も有効です。

うがいに関しては、しないよりしたほうが良いかな?程度で、そこまで効果はないようなので、とにかく「手洗い」をこまめにするのが一番の予防法だそうです。

インフルエンザ予防接種は必要?まとめ

今回は、インフルエンザ予防接種がどの程度有効なのか?

本当に接種する必要があるのかを中心にインフルエンザのことについて調べてみましたが、いかがだったでしょうか?

  • 年間約1000万人がインフルエンザにかかる
  • インフルエンザの死亡者数は、超過死亡概念も含めると年間1万人とされている。
  • 予防接種を受けた場合、受けなかった場合と比べて、感染を防げる確率が60%
  • 高齢者・乳幼児・妊婦、持病を持っている方などが重症化しやすい
  • インフルエンザ脳症は、インフルエンザに感染した人ならだれでもなり得る。ワクチン接種の有無は脳炎自体の予防にはならない。
フラミン子
フラミン子

「インフルエンザ脳症」については、だいぶ勘違いしていたこともありびっくりしました

長く高熱が続き、インフルエンザの菌が脳に入るためになると思っていましたが、実際には原因もわからず、予防接種の有無は関係ないとは。。

 

そして、高齢者や持病を持っている人は肺炎等の合併症によって亡くなることも多いようなので、気を付けなくてはいけないですね。

そもそもインフルエンザにかからないことが一番の予防!ということで、

私の結論としては、

インフルエンザ予防接種を受ける!事に決めました。

まだ、4歳の息子は重症化しやすとされているし

フラミン子
フラミン子

もし予防接種を受けずに重症化することになればとてつもなく後悔するだろうと思います。

そんな後悔をしない為にも、予防接種はもちろん手洗いを徹底して、どうにかインフルエンザにかからないように親子共々気を付けていこうと思います。

※予防接種を受ける場合、自治体や加入している健康保険組合から補助金が出ることがあります。うちの場合は組合から1人1,500円の補助が受けられることが分かりました。
ぜひ、確認してみてください。

スポンサーリンク